所違えば変わる?スムージー!

ここ何年か流行っているスムージー。綺麗なモデルさんや女優さんが紹介するので一気に浸透した感じがします。同じ体系にはなれないにしても、朝、一日の初めに健康的な一杯から始まるっていいですね。

体にいいものを入れてる!ってやってる感が私ならします。自己満の世界ですね。でもいざ作るとなると、目的に合ったものを飲みたい、と思いまして。海外のサイトまでチェックしてみました。海外と日本国内では傾向が違いました。日本だと「グリーンスムージー」というくらい緑色の野菜を基調にしていて、緑色のものが多いです。よくテレビでモデルさんたちが作るのも、緑でドロッとしているのが多い気がします。青汁もケールなど緑多めですよね。(まあ青汁というくらいですからね)

比べて外国では赤いものが主流って感じでした。調べたら「ビーツ」というものが入る

ドリンクが多かったです。ビーツとは何ぞや?というと、ロシア料理のボルシチに入るもので入ることによって赤くなるみたいです。茎も根っこの部分も使われていて、相当な栄養があるんでしょうね。トータル的にいえば外国のドリンクは、まずビーツ投入後にホウレンソウなど足した後にオレンジなどのフルーツで飲みやすくしてるものが多いかな、て印象でした。

スムージーにもいろいろあるんですね。私ならフルーツ多めじゃないと続かないかも。

http://origamifromitalytoworld.com/