そもそも酵素とは?

そもそも酵素とは、どのようなものをいうのかというと、酵素は栄養素ではなく、体の中で作られるタンパク質の一種になります。酵素は栄養素ではなく、触媒なのです。つまり、生命活動の化学反応を仲介する役割を担っています。体内でおこる様々な化学反応で生命は保たれているわけで、人は、消化、吸収、循環といったサイクルを繰り返しています。体を維持するための生命活動は、色々な成分が化学反応を起こして行われているのです。その化学反応を仲介する道具のような役割を担っているのが酵素なのです。酵素は、人間の体のすべての活動に関わっていて、酵素がきちんと作られて体の中で働くことで、人は生きていくことができているのです。たくさんの組織や臓器が組み合わされて人は生きているのですが、体の中の組織や臓器はすべて細胞の集積です。細胞の数は60兆個あると言われていて、細胞の中ではさまざまな化学反応が起こっています。毎日食べている食事は、体の中で分解され、栄養素として腸から吸収されるのですが、吸収された栄養素は体中の細胞に届けられます。酵素は、その栄養素を材料として、細胞の中で触媒として作られるのです。